自分が経験した中で、読んだ人に役立ちそうなことをここにメモしていこうと思います。

あかめも

AV機器 アプリ ゲーム

【HUAWEIはやめとけ】MediaPad M5 Proの不具合から見る企業性

更新日:

どうも、こんにちは。
この度ついに
HUAWEI MediaPad M5 Proの不具合について
長きにわたる戦いの幕が下りました。

タイトルでお察しですが、結果を書いていきたいと思います。

不具合の内容

タッチした状態でゆっくり逆方向に動かすと、描画が飛びます。
ホーム画面でアプリアイコンをタッチした状態で動かすとわかると思います。

これ、公式の見解では、全端末で起こるそうです。

下の方に不具合の再現動画もあるので、よかったらご覧ください。

戦いの内容

LINEでの問い合わせ

最初は自分の端末固有の不具合かと思ったので、サポートに問い合わせました。
初期化するように言われたので、実行しましたが、解消せず。

他の端末で起きるのか確認したところ、起きないと言われました。
修理に出してくださいと言われたので、店舗に持ち込みました。

店舗での修理

店舗に持ち込んだところ、症状が発生していることは認められました。
店員から固有か確認するために展示品で試すことを促され、試した結果……

発生しました。
これは店員の人にもやってもらい、同じように描画が飛んでいました。
僕の指が原因でもなく、端末固有でもないことがわかりました。

店員の方から不具合報告してくれればよかったのに、
「あー、起きますねー」
みたいな感じで何もしてくれませんでした。
そのため、自分でサポートに不具合報告をしました。

直らないので、再問い合わせ

4、5ヶ月しても直らないので、再問い合わせしたところ、
すでにパッチ修正済みで、サポート側の端末では発生していない。
固有だと思われると回答されました。

他にも同じ症状が起きている方がいたので、そんなはずはないのですが、
初期の頃に買ったのでうまく反映されなかったのかと無理矢理納得しました。

また初期化をするように言われたので、初期化しましたが直らず。
修理に出すように言われました。

修理に出し、無事に帰って来たが……

修理に出し、少しして戻ってきました。
何の連絡もなかったので、修理されたのだと思ったのですが……

『再現しなかったため、一応、タッチパネルを交換しました』

「……は?」

なんと、再現できずによくわかんないから適当に交換して返却するね!って回答でした。
再現できないなら聞けよって感じですが、これが修理センターのマニュアル対応なんですかね?
質が悪すぎて目がくらみそうでした。

再度修理センターへ

不具合の動画と一緒に送り返しました。
さすがにこれで対応してくれるだろう。
そう思っていた自分がいました。

しかし……

『動画を確認しましたが、問題ありません』

「……は?」

もう駄目だと思いましたよ。
だって、明らかに描画飛んでるのに問題ないって……

指摘したところ、描画飛びは仕様とのこと。

え、そんな仕様あります?

本部へ問い合わせ

さすがに嘘だろうと思い、本部へ問い合わせて貰いました。

その結果……

『仕様です』

言葉を失いました。
描画飛びが仕様?
他の機種では発生していないのに?

意地でも不具合と認めない心意気、すごい企業だなと思いました。

再現動画

再現動画を撮りました。
これが仕様ってすごいなあ……

問い合わせ結果からの深読み

さて、この不具合は仕様なので、もうどうにもなりません。
修理もされません。

マルチタップは修理されたのに、どうしてこれは修理されないのでしょうか?
おそらくは2パターンでしょう。どちらも考えられます。

①不具合報告が少なすぎる

ツイッターやサイトなどを見ていても、この不具合を言っている人は少なかったです。
起きないと言っている人もいました。(おそらくは再現方法が間違っているのでしょう)

そのため、対応優先度がかなり低く、不具合ではないことにした方が都合がよかったと考えられます。
企業側としては、修理するコストを払いたくなかったのでしょう。

多くの人が叫んでいるなら対応せざるをえませんが、少数であれば握り潰してしまえばいいのです。
報告件数が少ないということは、この不具合があっても通常の使用用途には支障がない、ということだからです。

また、不具合を公表すれば、ただでさえ諸国からバッシングを受けている現状に火をくべるようなものです。
マイナスな情報はすべて揉み消そうと思ったのかもしれません。

②修正できないほど根幹に関わる不具合だった

マルチタップの不具合がありましたが、M5 Proに関してはタッチ系が弱いのではないかと思います。
それは、他の機種では描画飛びが起きていないからです。

修正するには莫大な費用がかかる、あるいは修正すると他の部分が駄目になる。
そういった理由から、不具合ではなく仕様としたのではないでしょうか。

結局のところ、設計もテストも技術的にも駄目だったということです。
安いのは情報を抜き取っているからだと思っていましたが、それだけではないのかもしれませんね……

今だからこそ、頑張って欲しかったのに

HUAWEI  製品を排除する動きが大きくなっていますが、
他のAndroidタブレットメーカーと比べて性能がいいのは事実です。

だからこそ、HUAWEIにはタブレット開発企業として高性能なものを作り、トップを走って欲しかった。

しかしながら、今回の対応を経て、僕はもうHUAWEI製品を使わないと決めました。
不具合を仕様と言い切ってしまうような企業は信用できません。

もうこの企業終わりだろ……

おわりに

他のメーカーで高性能なタブレットが出ない以上、タブレットはApple一択になりそうです。
まあ、描画にこだわらない、あるいはゲームをしないのであれば、Androidタブレットでも十分に使い物になります。

僕はもう、HUAWEI製品はおすすめできません。



-AV機器, アプリ, ゲーム

Copyright© あかめも , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.