自分が経験した中で、読んだ人に役立ちそうなことをここにメモしていこうと思います。

あかめも

AV機器 マンガ ラノベ 小説

まだ紙の本を読んでるの? 電子書籍を選択すべき6つの理由

投稿日:

みなさんは本を何で読んでますか?
紙ですか? 電子ですか?

僕は電子でしか読んでません。
以前は紙派で、「電子なんかで絶対に読まない」と言い張っていたのですが、
電子書籍で読み始めたら紙に戻ることができなくなりました。

小説も参考書もすべて電子で読みます。
家に300冊くらいの紙の本があり、未読が100冊くらいあるのですが、
未読のものを電子で買い直そうかと思うレベルで紙を読めなくなりました。

ここではそんな僕が電子書籍を選択する理由を書いていきたいと思います。

1.どこでも読むことができる

家の中ならまだいいのですが、外で紙の本を読もうとすると、
鞄の中から本を出さないといけないですよね。

電車の中だったらすごく面倒くさいし大変じゃないですか?
混雑してたらページめくるのも一苦労です。両手を使いますから。

でも、電子書籍はスマホで読むことができますし、片手でページをめくることもできます

今の時代は基本的にみんなスマホ持ってますよね。
スマホはポケットにしまえるくらいコンパクトで、本ほど出すのに苦労しません。

紙の本だと、「あ、家に本を忘れちゃった」ってなるときも、
電子なら忘れる心配がありません。

ちょっと時間が空いたときに読書できちゃうんですよ。
待ち合わせで友達が遅れているときとかね!
めちゃくちゃ便利じゃないですか?

電子は文字の大きさを調節することができるので、小さい画面の場合は文字を大きくすれば問題なし。

場所を選ぶことなく、手軽に本を読むことができる
それが電子書籍の最大のメリットです。

2.欲しいときに、どこにいても、すぐ買える

紙の本だと1巻が読み終わっても、続けて2巻を読めませんよね?
持ち歩いていればいいですが、買っていなければ当然読むことができません。

ふと、あの本が欲しいなと思っても、すぐに買うことはできません。

近くに本屋があればいいですが、行くの面倒くさくないですか?

その点、電子書籍であれば、欲しいと思った瞬間に買うことができます

電車の中でも買えちゃうんですよ。
便利すぎませんか?

ただ、欠点として、簡単に買えすぎてお金がバンバン飛んでいくという点があります。

まあ、その分、楽しんでるからいいか!

3.気になる部分にマーカーができる

紙の本でマーカーをつけるとなると、まずペンが必要です。

では、いざ内容を確認しようとしても、どこにマーカーをしたか分からないですよね。見つけるのに時間がかかります。

付箋をつければいいかもしれませんが、そうすると付箋まで持ち歩かなければなりません。

めちゃくちゃ面倒くさくないですか?

電子書籍の場合は、タッチして選択することでマーカーをつけることができます
たとえばKindleは超簡単にできますし、マーカーした部分だけを抜き出すこともできます

ガーっと線を引いて、後でその部分だけエクスポートしてまとめておく……
これ、めちゃくちゃ便利じゃないですか?

紙の本から手で書き写してまとめるのがバカバカしくなります。

ただ、この機能にも欠点があります。
それは、ページを画像として取り込んで作成された本には使えないという点です。

小説や文字が多い参考書であれば問題ないのですが、イラストで分かりやすく解説、みたいな参考書だと画像で作られている場合がほとんどです。

これは完全に出版社の手抜きです。

そういう本は文字の拡大などもできず、ただズームするだけになります。
個人的には小さい画面だと読みにくいので、僕はPC画面で読んでます。

電子書籍のメリットが削られてしまうので、文字まで画像で作るのは本当にやめて欲しいです。

4.電子書籍を読む端末同士で同期がとれる

紙の本だと、その本自体を持ち歩かないと読めないですよね?

ですが、電子であれば複数の媒体から読むことができます

たとえば、家ではPCやタブレットで読んで、外出先ではスマホで読む、
ということが簡単にできます。

最後に読んだページをアプリの方が同期してくれるので、
PCで読んだところからスマホで読み始めることができるんです。

僕の場合、家にいるときはPCで読んで、電車の中ではスマホで読んでいます。
便利で読書が捗りますよ。

5.本を置く場所を取らない

紙の本だと置き場所に困りませんか?

僕の家には300冊くらいありますが、邪魔で邪魔でしかたありません。
捨てるにも勿体なくて捨てられない……

その点、電子書籍は場所をとりません。
スマホなどに本をダウンロードするだけです。

端末の容量がなくなったら、削除すればいいのです。
紙と違って、削除しても、またダウンロードすれば読むことができます
買い直す必要がありません。

6.新品を安く買うことができる

電子に新品も中古もないのですが 笑
電子書籍ストアではほぼ毎日セールが行われています

1000円、2000円するような参考書を半額でゲットできたりするんですよ。

紙の場合、中古なら安く買えますが……
他人がどう使ったか分からないものを買うのって怖くないですか?

トイレに行った手を洗わないまま触っているかもしれないんですよ?

電子書籍ならその心配はありません。
電子は汚れませんからね。

おすすめの電子書籍ストア

AmazonのKindle

ここが最強ですね。
圧倒的な取り扱い数です。

参考書からマンガ、小説、あらゆる本があります。
マーカー機能があるので、勉強にも最適です。
 ※買う際には必ずページが画像かどうかを確認しましょう。
  商品説明のところに書いてあります。

Kindleの良い点として、ダウンロードしていればオフラインでも読めるところがあります。
地下鉄などでは電波が入りにくい場合がありますが、それでもKindleであれば読むことができます。
 ※その間、同期はされません。

まさに、どこでも読めるのがKindle!!

欠点として、一部、配信日が発売日の1ヶ月後になる本があります。
ライトノベルだと結構多いですね。

Kindleには紙のような画面で読むことのできる専用の端末もあるので、
スマホなどの画面じゃ嫌だという方は試してみるといいかもしれません。

BOOK WALKER

ここはマンガとライトノベルですね。
KADOKAWA直営電子書籍サイトです。

このサイトでは、ライトノベルは発売日に配信されます。
ラノベ読みはBOOK WALKERが最適でしょう。

読み終わったらワンタッチで5段階評価までつけられちゃいます。

ただ、致命的なのが、オフラインだと使えないことなんですよね。

読んでいる最中にオフラインになった場合は問題ないのですが、
オフライン時に読もうとすると、読み込み中のまま反応がなくなります。

問い合わせましたが、BOOK WALKER にログインしているセッション情報が必ず必要な作りになっているため、オフラインだと無理みたいです。

これは改善して欲しいところですね。

おわりに

僕は

ライトノベルとマンガ → BOOK WALKER
その他        → Kindle

で使い分けています。

特にKindleのマーカー機能は勉強にめちゃくちゃ役立つので、おすすめです。



-AV機器, マンガ, ラノベ, 小説

Copyright© あかめも , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.