自分が経験した中で、読んだ人に役立ちそうなことをここにメモしていこうと思います。

あかめも

★★★★★ ラノベ 小説

【おすすめのラノベ】絶望を知りたいあなたに!『絶深海のソラリス』

更新日:

みなさん、ライトノベル読んでますか?

今日は『絶深海のソラリス』を読み終えたので書きたいと思います。

絶望の一巻

さて『絶深海のソラリス』の第一巻ですが、最初で騙されることなかれ。

深海の鉱物、ソラリスによって誕生した水使いと呼ばれる異能力者。
水使いである主人公が学園の教官となるところから物語は始まります。
設定が他になく、とても面白いです。余裕でシリーズ化できるネタ。
キャラの掛け合いも声に出して笑ってしまうほど。

読み始めたあなたは

「これはじゃじゃ馬と天然幼馴染みのダブルヒロインによる学園異能バトルものだ」

そう錯覚するでしょう。
しかし、読み進めるとそんな王道な物語ではないことにあなたは気づきます。

そう、これは地下研究施設での密室パニックホラーものです。
バイオハザードとか、そういう系統のものです。

アンダーと呼ばれる怪物を相手に主人公が知能を巡らせて仲間とともに戦います。
普通の物語であれば絶望的な状況の中で主人公が覚醒し、敵を倒すでしょう。

しかし、本作品は違います。

そういう意味では最近のTUEEEEものとは一線を画す作品となっています。
読者にストレスを与えない軽い作品、ではないということを注意してください。

第一巻で待ち受けているのは絶望です。
スリリングなものを読みたいと思う人には最適の作品でしょう。
僕はとても面白かったです。

 

希望の第二巻

さて第二巻ですが、こちらは第一巻とは真逆の結末を迎えます。
第一巻での悲劇を繰り広げないため、強くなった主人公。
めちゃくちゃ強いし、絶望を味わった分だけ容赦がないです。
心が擦り切れたクールな戦士といった感じ。かっこいい。

新たなキャラを加えて展開していきますが、
最後はやっぱり地下研究施設での密室パニックホラーものとなります。
ああ、また絶望を……。

しかしながら、結末としては希望の第二巻と言えます。
ネタバレになるので詳細は言えませんが。

とにかく主人公の能力……とんでもないです。
地味ですが、諜報組織であれば彼の右に出る者はいないのではないでしょうか。

すらすらと読め、あっという間に終わってしまいました。
第二巻もとても面白かったです。

 

本当の絶望を知れ

さて、絶望を知りたいあなたにと銘打った『絶深海のソラリス』ですが、

「いやいや、結局第二巻で希望があったんでしょ?」

と思われているかもしれません。

確かに絶望しかない第一巻に反して、第二巻は救いがあります。
ハッピーエンドと言っても差し支えないでしょう。

では、何が絶望なのかと言えば、

 

第三巻が発売されない!!!

 

第二巻の発売が2015年03月25日ですから、打ち切りなんでしょうか。
作者のTwitterも更新されていません。

我々読者にとっての絶望とは、完結しないまま続巻が発売されないことに他なりません。
とても面白い作品が埋もれていく……。

しかしながら、打ち切りが明言されたわけではありません。
既巻を売るための策ではありますが、逆に売れれば第三巻もありうるのではないでしょうか。

どんなに絶望的な状況でもかすかな希望は残されている。
その希望の一つは紛れもなくあなたです。

なんちゃって。




-★★★★★, ラノベ, 小説

Copyright© あかめも , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.